TOP > 現場レポート > S様 事務所

REPORT/S様 事務所

2018年6月20日


屋根の合板まで完了しました。
こちらは南側からの写真ですが、庇が1.0m以上出ています。
なので垂木通常の倍以上のピッチです。

一般的に庇をなぜ出すかというと、答えは簡単で
夏の高度の高い日射を遮り、
冬の角度のある日射をたくさん取り入れるためです。
もちろん窓の高さも考える必要はあります。
最近街では庇のない住宅は多くありますが
紺野建設では敢えて庇のある建物が多いです。
外壁も雨に直接あたることが少なくてメリットもあります。

太陽、風、景色など。その土地それぞれの要素を活かしきり
自然に逆らうことなく、自然の力を借りる。
ただソーラーパネルを載せるよりも、ずっとずっとエコかと思います。

文章:紺野 将

2018年5月10日

大変お世話になっている会社様で、今までに住宅の大改修工事と、新築工事をさせていただきました。今年の春先に、社長から連絡を貰い、プラント事務所を建てたいのだけど・・・・との事でスタートしました。

早速プランに取り掛かり、いろいろと考えておりました。住宅と違うので表現に注意しなければならないところもあり、検討をしていました、社長からも信頼を受けていて、私たちの第一案を了承していただきました。紺野建設㈱の”木”のイメージを持ちつつ、何かエッセンスを加えたい。との思いから、外壁面につける看板のあたりをちょっと遊び心と、社業の発展を願い、融合的なイメージを考えたところです。おしゃれな事務所になると思います。

 

一覧へ戻る