TOP > 現場レポート > 光が降り注ぐ家

REPORT/光が降り注ぐ家

2019年1月20日

年内にしっかり養生して完成させた基礎が2件ありましたが、そのうちの1件です。
基礎の養生完了が12/29とぎりぎりまでやっておりました。
おかげさまで立派な基礎が出来上がり、大工さんの建て込みが始まったところです。
十勝の青空が寒さを象徴しているようですが、大工さんたちは寒さに負けずに毎日頑張っています。
柱などの木材は寒い中も陽に焼けている事に気づきました。
これも十勝の特徴ですよね。
こうコメントすると、過酷な感じに受け止められそうですが、大丈夫です。
もともと十勝で育った木ですから・・・。いつもと変わらないのです。

 

2018年12月29日

本当に年内ギリギリ基礎が終わったという感じです。
ブルーシートの中に温風で養生しております。外はマイナス5-10℃程度ですが、ブルーシート内はプラス15-20℃です。
住宅地の中で工事させて頂いておりますので、ヒーター周りに防音シートの中に囲いをしてやらせていただきました。
無事に1年を終えられました。ありがとうございました。

2018年12月18日

一般の皆様には、コンクリート養生の小屋の中がどうなってるか?気になっているのではないか?
と思っています。
ジェットファーネスで暖房を取りビニールのダクトで送風しています。これで外気がグンと冷えても強いコンクリートが出来ます。
真冬の工事には欠かせません。

2018年12月6日

昔は冬に工事をするなんて考えられなかったのですが、最近では普通になりました。まあ、養生の技術も進んで出来るようになったわけですが、今期の越年工事の最後の基礎工事です。いよいよ始まりました。雪が少なくて助かる部分もありますが、寒さが強いような気もして、緊張します。でも、やはり除雪をしなくて良いのは助かりますね。

一覧へ戻る